「えっ臭い?」 私がドアを開け放って去っていこうとした瞬間に 後ろの2人が笑いながら話していた。 「そう、臭い […]