テニス 手汗対策テニス 手汗 グリップ

ポチッだけでなにかが
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

テニスをしていると手汗でつるっと
滑ってしまうことがあります。

テニスで手汗対策用のグリップを耳にするようになりました。

一生懸命にテニスをしているのに、
手汗で自分の実力を出し切れなかったらもったいないですよね。
滑り止めのグリップだって、すぐに手になじむものだって、
今の時代ではたくさんあります。

スクールなどでテニスをされている方で、
手汗が出てくる方は、グリップの購入を間違えてしまうと、
命取りとなってしまいます。
自分の判断ミスで成績が天と地ほども変わってしまうのですから。

しかし、それ以上に気をつけてほしいのは、
手から滝のように出てくる手汗なんです。

いくら、グリップをはりかえたところで、信じられないくらいの手汗が
出てきてしまえば、グリップだって、たえきれなくなってしまいます。
当然、手汗が出てくるたびにはりかえていては、試合はおろか、
普段からの練習だって、まともにできるはずがないのです。

このような手汗には、2種類あります。

温熱性発汗と精神性発汗です。

温熱性発汗は、ある夏の熱い日に
我々がスポーツをしたときに、出てくる汗ですね。

テニスをして、練習試合ををして、ラリーを続けたら、
なにか不思議と汗が出てくるじゃないですか。
ああいうテニスをしたときは、なんだか気がつかないうちに汗が体から出てくるものです。

夏の暑い日に、外を歩くじゃないですか。
その時って、歩くだけで汗が出てくると思うんですよ。

照りつける太陽の光もあるのか、さんさんとした太陽の輝きに
思わず、まぶたをふさいでしまうのはなんとなくイメージできるじゃないですか。
暑いときに、暑いと感じて汗が出てしまうのが、温熱性発汗なんですね。

反対に、精神性発汗ですね。
精神性発汗というと、あまり聞きなれない人も多いのではないのでしょうか。

精神性発汗は、簡単にいえば、夏場でもないのに、なぜか汗がでてしまうんですね。

涼しいときにも当然のことながら、真冬でも汗が出てくるのです。

この精神性発汗は、自律神経がかかわっているのです。
自律神経の働きで汗が出てしまうんですね。

自律神経を原因とする精神性発汗は、我々が緊張をすることで
汗が出てきてしまうんです。

緊張による汗だったら、気温が高くても関係ないですよね。
だって、緊張なんていつでもどこでもするのですから。
それこそ一生緊張するんです。

だから、温熱性発汗とは、もう別次元の発汗なんですね。
そして、精神性発汗は、緊張をするだけで、汗が出てくるので
緊張すればするほどより汗が出てくるんです。

汗をとめようとすればするほど、汗が出てきてしまうんです。
自律神経からきている汗だからです。

だからこそ、精神的な汗が出てくるのであれば、
ちゃんとした方法で発汗をとめなければなりません。

あなたがぎゅっと握っているテニスのグリップがいつでも、
どこかぬれているようであれば、精神性発汗なのかもしれません。