過呼吸 マスクで予防

パニック障害の簡単な対策として、日常から持ち歩くことができるものがあります。

マスクです。

マスクを持ち歩き、できるのであれば、普段からつけて歩くことで、パニック障害の予防になります。

マスクに気持ちがそれる

マスクをつけておくことで、マスクに気持ちが向かい、それだけ他のことが気にならなくなります。パニック発作が起こったとしても、発作を軽減することができるので、マスクを持ち歩くことがいい理由です。

人の目を気にしなくなる

マスクをつけておくことで、人の目を気にしなくなります。普段から人の目が多い場所に出かける際には、マスクを常時持参しておくことで、人の目が多い場所へ出ればマスクを着用することを忘れずにしましょう。そうすることで、人の目をさけられるばかりではなくて、パニック発作の恐怖を軽減することだってできるのですからね。

マスクは、過呼吸対策にもなる。

マスクを着用することで、過呼吸対策にもなります。過呼吸をしてしまうのは、酸素をすいすぎるためです。それだけ、酸素をすいすぎるとパニック発作だっておこりやすくなるのですから、マスクを着用することで、過呼吸対策にもつながります。

一人で外出するときは、なによりも過呼吸からのパニック発作が怖いんです。いざ発作が起こったとしても、周りに誰もいなければ助けてくれません。一人で孤独感を感じると、パニック発作は、ますます大きくなります。だからこそ、普段からお守りアイテムとして、マスクを持ち歩くことを覚えておきましょう。