パニック障害の縮毛矯正がぺったんこ?ちりちり?

女性におおいのですが、縮毛矯正が苦手な方がいます。男性は、縮毛矯正をされる方がほとんどいないですからね。かりにいたとしても、かなりオシャレな男性だと思います。男性と比べて、女性は、自分の癖がある髪に不満を抱いている方が多いようです。だから、より美しい髪を目指すために、縮毛矯正をされるわけなのです。

しかし、パニック障害の症状がある女性で、縮毛矯正がどうしても苦手な方がいるようです。相談にこられました。

彼女がいうには、美容院へ行って、縮毛矯正をしようとしても、待ち時間が2から3時間かかってしまうようです。しかも、いざ、縮毛矯正をしても、ちりちりやぺったんことなってしまうこともよくあり、そのことが彼女をより不安にさせるようです。2から3時間と待たなければいけないだけでも、不安で仕方がないのに、その結果たるやさんざんなものだったら、その場所へ思わずぺたんと座り込んでしまいそうになるようです。さらに、縮毛矯正をしている間、イスに座っているだけでも不安なようです。いつもと違った美容師さんだとしたら、会話にだって困ります。なにを話せばいいのかすら言葉が出ずに、パニックに陥ってしまう場合もあるようです。

縮毛矯正は、女性にとっての永遠の悩みです。完璧な女性だったら、もちろん、毛先まで完璧なものとしたいでしょう。中途半端なものだったらもちろん許せないはずです。その完璧な美しさを求めていることもパニック発作を起こしやすい原因となっているのです。

しかし、ぺったんこやちりちり、ビビリ毛などになって矯正失敗をしてしまえば、当然いやです。なんのために、美容院へ行ったのかわかりませんし。それに一番の問題は、パニックを起こしてしまうことです。パニック発作を頻繁に起こしてしまえば、美容院へ行くことは、難しくなりますし、美容師さんにも顔を覚えられて、出入り禁止にすらされかねません。縮毛矯正が女性にとって大事なのは、もちろんのことですが、パニック障害を改善することだって大切なことなのは覚えておきましょう。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法