パニック障害 ひきこもり 治療 

パニック障害の人は、ひきこもりになりやすいのです。
いつ予期不安があるのかわからないことにも原因があります。しかし、主な原因は、両親と関係があるのです。

過保護に育てられた

親が過保護で、そうした親に育てられた場合に、あなたがひとたび社会に出てしまえばストレスに耐え切ることができません。大切に育てられてしまえばしまうほど、社会と、現実とのギャップにたえられなくなってしまいます。

親が干渉をしすぎる

親が干渉をしすぎる場合だってパニック障害になりやすくなります。ちょっとしたことでも、干渉をされることで、神経が過敏になってしまい、いつ干渉をされるのではないのかと不安になってしまいます。神経が過敏になると、ありとあらゆることで不安になってしまうのです。

反対に親の干渉がいっさいない場合もパニック障害になりやすいのです。

「ああなんとかなるわ。」とあまりに、干渉をされないと、不安感がましてくるのがパニック障害のやっかいなところですね。あまりになにもいわれないと、自分がしていることは、正しいのかとまさに不安の渦中にいることになります。

親の仲が悪い

両親の仲が悪い場合もパニック障害になりやすいのです。両親が仲の悪いのは、自分のせいではないのかと自分自身を責めてしまうあまりにパニック発作が起こる場合があります。両親がなにかとケンカばかりで、相談できる相手がいないのであれば、なおさらそうなります。

パニック障害のひきこもりを治療するのには。

パニック障害でひきこもってしまうのをなおしていくには外とのつながりを持つことです。

ボランティアなどのちょっとしたことでも、外へ出る機会を見つけたり、イベントへと参加をしてみるのもいいです。初めから、定期的にと考えずに、まずは参加してみると意識を持つことが大切です。そもそも外へ出ることが難しい人が、おおぜいの人といきなりかかわったり、定職につくのは、難しいです。できることからはじめて、外へでる感覚をつかむことが大切なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法