うつは便秘の解消から

うつ病は、さまざまな症状が発生します。これっていうのは、なにも気分的なものばかりではないのです。直接体に影響を及ぼすものがあります。

相談に来てくれた女性の方は、うつを発症してから、お腹がぽっこりとしてきたそうです。彼女は、妊娠をしていたわけではなくて、便秘の状態だったのです。1週間もお通じがよくない状態だったのですね。しかも、気分的にもあまり良い状態ではなくて、お腹もいたいので、外出したくてもできないような状態でした。

実は、彼女は、それまでは、すごく活発に外へ出歩いていたそうなのです。ばりばりのセールスレディーでした。毎日の仕事に楽しさすら感じていたほどだったのです。そんな彼女が今のような状態になるなんてわたしたちだったらとても信じられないですよね。

その原因となるのが、「失恋」だったのです。3年以上も付き合っていた彼と別れてしまい、それから調子が悪くなることがよくあったそうなのです。いつも、寝る前には、彼に別れを切り出されたシーンが頭をよぎってしまい、気分が落ち込むようでした。

それからというもの、彼女は、気分の落ち込んでいる中でも仕事をすれば忘れられると自分を奮い立たせて、仕事に邁進をしていたようなのです。もちろん無理をして売り込みをしていたはずです。帰宅してからというものの、彼女は、暴飲暴食を繰り返していました。別れを切り出されてからの彼女の体重は、10kgも太ったそうなのです。それからも体重は、増え続けています。

彼女の場合は、失恋をしたことがきっかけで、気分の落ち込みを繰り返して、うつの症状となりました。彼女は、現在は、会社を休職して、薬を飲みながら生活を続けています。

彼女は、今でもなにかを食べないと、彼に別れを切り出されたことを思い出してしまうので、たえず食べ続けているそうです。気分のふさぎこみは、それまでの生活すら変えてしまうのですから覚えておきましょう。